好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

天使っぷりを再確認した上映会

毎度おなじみ「少年ハリウッド」のバースデー上映会!
だけど今回のトミーで(たぶん)最後かも?バースデー上映会!

というわけで2017年5月5日開催、
HOLLY THEATER元気な男の子が生まれました上映会 in 池袋HUMAXシネマズ
に行ってきました。運気上昇担当、富井大樹くんの誕生日上映会です。彼のお当番回3話、17話、19話&26話を上映。良かったアバロン(19話ED)でしめなくて(笑)


f:id:micanen:20170506080350j:plain

余談だけど↑のBDジャケ写(ホワイトver.)いつ見てもトミーのが1番好き。さわやかな感じで。ブラックver.のトミーのジャケ写も、妖艶さが少~しあるけど基本的にはニコやかで、不思議な魅力で。あちらも好き。
それでは思い出せる範囲で上映中のアレコレを↓


● 中の人による注意喚起アナウンスが、妙に女性声に近い感じで始まる(笑)
● 「座席を蹴ったり、乗ったり~」を読み上げたあと「まぁ、そんなことしないですよね」と素な感じでアドリブ入れる中の人
● 「フューちゃん、夜空さん、いつもありがとう!」のトミー声が愛おしい件
● 上映中や上映前後、方々から聞こえてくる「(トミー)可愛い」の声
● ↑のため声援おくるシーンでも客席からの「トミー!」の声がなんか熱い
● 一方、画面に写り出した瞬間からクスクスされているお笑い担当・甘木
● ていうかもう何かリアクションするたびに笑い起きてた気がする・甘木
● 「俺もばあちゃんの見舞いが」と悪気なくトミーの前で言うカケル氏天然
● 19話内予告の「スタチャに消されそうなゲンゲンさん」に客席笑う
● 19話から唐突に26話へ進むシュールさ、少ハリらしいなとオモイマシタ
● 26話内サプライズ映像時の客席反応のわざとらしさがレベルMAX飽和状態
● トミーの日だけど他メンへの声援も負けてない(全推し勢も結構いたと思う)
● 上映終了後も(名残り惜しむように)響く「トミー誕生日おめでとう!」の声

もう誕生日上映会も最後かと思うと、言わずにはいられない個人的胸の内↓

● 26話「ハロー世界」冒頭で全員がバッと上を指さすあの一瞬が毎度たぎる
● 「君のいる場~所は~」の部分の一連の振り付けがいつも好き
● 「聞いてない聞いてない」という時のシュンのあどけない表情いつも好き


f:id:micanen:20170506083245j:plain

この日は物販で、とうとう公式グッズのブロマイドファイルも買ってしまいました。ファンになりたての頃に思っていたより所持数ふえそうなので。そしてこの日の限定ドリンク炭酸じゃなくて良かったー!(笑)オレンジジュースなのは彼らしかった。あと、ドリンク購入で付いて来る例のランダムステッカー、当たったのは

お守りにしてね でした。

するする~♪と自己紹介時の客席反応っぽく言ってみたところで、今回はこの辺で。次の記事では、個人的にトミーへのレッツ・パーリィ!しようと思います。