好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

少年ハリウッド第26話完全版の完成披露へ!その3

ここからは本編上映の時とその他諸々、綴っていきます。ネタバレしまくるとアレなので、とりあえず覚えていることだけ箇条書きで綴りますね。


● シュンのソロ「Pinkish Heart 愛」
始まったときの歓声が一番スゴかったのが、この曲かもしれない。なにせ歓声と同じくらい笑い声も響いていたから。その笑い声は曲の中ごろまで止みませんでしたw 別名「シュンはどうしてこうなっちゃったの?コーナー」な気がする。それからシュン爺、できれば賢章先生のときミュの時の衣装を着て欲しかったゾw

● カケル、マッキー、キラの順でソロ
この3人だけ、お友達(中の人)がときミュで着ていた衣装をまとって曲を披露。カケル氏のソロはフリが細かくて、ふとした瞬間に手なり足なりアクション付けてくれるサービス精神。キラのソロは表情が大人な男って感じで、何があったの状態w マッキーも格好よかったなぁ~、野太いキャーが出そうでした(ウソです)。

● 例の白い新衣装で「NOEL STORY」
穏やかな曲調でフリ付けもゆったり、その分フォーメーション?チェンジが多くて、あの刻々と変わる5人の位置変えが好き。なにげに途中までシュン爺、センターなのね。サビ直前でカケルに譲るようにチェンジするとこ萌えたわ。

● ようやくお披露目「エアボーイズ」!

ようやく少ハリver.でこれが見られた喜び、ちょっと胸熱でした。こちらも歌唱パートの都合上、シュン爺センターで始まるのね。推しなので嬉しいですw

● 5人へのサプライズ映像時、のこちら(客席)の様子
久しぶりに、あのわざとらしさ100%の「何なに~?」が聞けてオイラ満足w

● アンコール時
彼らが再登場するまで声が止むことなかった熱気、今も健在でした。

● エンディングのスタッフロール
ここでもずーっと、最後まで途切れることのない拍手。私も途切らせずに拍手させていただきました。その拍手が途中から、バックの曲に合わせての手拍子に変わりました。曲が「ロッキンクレープ音頭」に変わった、そう、その瞬間から(笑)会場が爆笑したのは言うまでもございませんw


● エンドロールでの支援者お名前掲載
そして「ロッキンクレープ音頭」をバックにしながら画面に流れる、この第26話(ライブ回)の完全版に支援した人達のお名前(このクラウドファンディングのほとんどのリターンにお名前掲載できる権も付いていました)。バックの曲が合ってなくね?と思ったけどwこういう感じも楽しいし景気がいいから、まぁいっか!


実名の人、ハンドルネーム?の人、五分五分な感じだったかな?ザッと見たイメージだけど。その所々で異彩を放つように流れてくる「これ明らかにウケ狙いに行っただろwww」的なおもしろハンドルネームも全体の5%程いたように見えました。そしてその狙いどおりに笑いが起きていたような気がしますw

5人、10人の順で特別枠のお名前が流れたあとは、それ以外のコースに支援した人達のお名前が一斉に流れるのですが、あれ、スタッフロールみたいに整然と並べて掲載することはできなかったのかな…?ぎゅうぎゅう詰めのお名前掲載だったから、自分の名前を流れている間に見つけられなかったら、ちょっと切ないよね。


ちなみに私は自分の名前を見つけることができたのですが、一番最初に目にした時は、なんだか満たされたような?でもまだ実感がわかない、変な気持ちでしたw
「あ、そういえば私、これにお金出したんだけっけ…」
と、ポカンとしてもいたような。出資から1年7か月ほど経っていたので。


* * * * *


さらっとですが、以上現地からの報告でした。
この本編映像のあとに新情報も発表されたんですが………1度にいろ~んな新情報を聞いたために、脳が処理しきれなかったっていうのもあるんだけど、とりあえず最初に思ったのはこんな↓気持ち。

……ちょっと、何言ってるかわからないですね。

そんな私の呆然状態とは逆にステージ上のお二人は、
「ここで新情報を聞きましたね。次以降の回も来る方はもう、心の準備できてると思いますので、またこの情報を聞いたら大きく”えええ!?って驚いてください」
みたいな事を冗談混じりに言って、仕込み入れてきましたw

うん、そのテの仕込みは嫌いじゃないんだけどw
待ってくれ。待ってくれ、マジで待ってくれ。この数日前のツイッタで「このイベントを最後に少ハリとはサヨナラするつもり」とつぶやいた私なの………


………予定、狂ってくるんだよねぇ(渋い顔)


では次の記事では、24日夜の部のことを少しですが綴っていきます。