好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

直虎から直政へという言葉の尊み

多くの皆さんがドラマ序盤の頃から言っていた「直政の名の由来は(ドラマ的には)きっとこうだろう」という部分を、最後の最後の最後のあそこに持ってくるとか、ニクイわ~、ニクイことするわ~、だから好っきゃねん「おんな城主直虎」。

というわけで本日、最終回を迎えました。ただ今、感無量です。
ほぼほぼ全てのシーンでじんわりと目頭が熱くなりました。書きたい事はいっぱいイッパイ一杯あるけれど、書いたら書いたで今のこの気持ちが違う形になりそうで、それもどうかなと思うのでコレだけ書いて終わります。


みんなで直虎、もっかい見ませう。


第一話から最終話まで、ゆっくりでも、巻き気味でも、どんなペースでも良いので、順を追って全話見て、そして今日のあの最終回を見て、この感覚を味わいませう。
もうね、この感覚を抱えながら最終話を見ていると、

●黒い器がアップで映っているシーンで、その器に撮影の機材やら照明がバッチリ映り込んでるのを目にしても、笑って流せます(^^)

●「真田め…信濃でおとなしくしていれば良いものを…」というシーンで、クスリと笑って(ああ、あの人達には無理無理)と微笑ましい気持ちになります(^^)

●「日の本一の殿に」と言い残した直虎最終回のド直後に「徳川の世を終わらせた男」という翌年大河の予告字幕に殴られた気持ちも、数秒で復活します(^^;)



あ、一番最後のシーン。なんだかこのドラマらしくて、いいなと思いました。
あの碁盤の「完」は、これまでいろいろな戦法で碁石を白黒と展開させてきたけど、最後は落ち着くところに落ち着いたよ、って表現でもあるのかな?

それでは皆様、おやすみなさい。
直虎様も、おやすみなさい。
大好きだった人達と未来を見る旅路、楽しんできてくださいね。