好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

私まで「Beitは尊い」言い出すことになるとは…。

アイドルマスターsideM、ほんの一か月そこら前まで全く知らないコンテンツだったのに、2ndライブのBDのPVに出くわして、興味がわいて、いきなりそのコンプBOX買ってしまって、そしたらタイミングよく10月からアニメも始まって……アイマス765プロ)は前からよく知ってたから、延長線上みたいな感覚で見てます。


sideMのアニメは0話から欠かさず見てきましたが、最新4話の「ハッピースマイル」は何か打たれた。あのSPメンズがおねだりピエールにズギュンしたそれと似てる。
Beitは尊い是非もなし。
今までまったくと言っていいほどスルーしてて、何かすみませんでしたorz


知識なしの初見だと、Biteってイメージがまず「王子様」です(1stシングルとか衣装とか)。アイドルものの作品で王子様イメージのキャラやユニットって、結構ありがちというか定番じゃないですか。だからsideMを知ってすぐの時、各ユニットについてそれほど知識が無かった時は気にも留めなかったユニットでした。

ところがどっこい、この4話でフタ開けてみたら実際は、東京下町商店街のバイト仲間、歳の差もあいまって兄弟または家族のよう。個々が背負っているもの、辿ってきた過去が、現在の3人の有り様をさらに暖かみあるものに映し出してる。


純粋でいろんな事に好奇心旺盛でいつもキラキラニッコニコのピエール。
大財閥実家の中でありのままの自分を認めてもらえないまま過ごしてきた恭二。
そんな二人を優しく見守るお母さ…いや最年長のみのりさん(ただし元不良?)。


ピエールと過ごしてきた中で彼の純朴さにあてられたからか、普段は感情表現不器用で、実家とも疎遠な恭二が今回、ピエールのために起こそうとした行動力や決心、終盤のシーンでの微笑みが、何か妙に胸にジンときた。いや、他にも表現したい感情はいっぱい湧いたんだけど、その微笑むシーンでの胸ジンが315%だった。

みのりさんの背景については、これからの話数で掘り下げる回とかあるのかな?sideMは登場人物多すぎだから望み薄かもしれないけど、できれば(たぶんやるだろう)2クール目ぐらいで、ぜひ掘り下げて欲しい今日この頃。

要するに今どんな気持ちが渦巻いているのかというと、
純粋でいつもニコニコなピエールが「恭二!みのり!」と呼ぶ姿と、
それに応じる二人が「ピエール」と呼び返していろいろ世話焼く姿が、
なんかイイな、好きだなっていうか、うん、そんな気持ち。

というわけで、今までスルーしててごめんなさいのBeitの楽曲、ガチ聴きしてこようと思います。とりあえず今は2ndのライブBDで…(CD買えとか言わないでorz)。

あと、余談ですが。

くどいようですがBeitをスルーした私の場合、sideMで最初にめっちゃくちゃ惹かれたユニットは「Café Parade(カフェパレード)」です。普段は前向きな曲苦手と言ってる私ですが、このユニットの「幸せ315%な僕達!私達!のみなぎるパッションぶつけちゃいま~す!!!」なデビュー曲に圧倒されまくりました(笑)

そのカフェパレが3rdアニバーサリーで「Altessimo(アルテッシモ)」「Legenders(レジェンダーズ)」と合同ユニットやるとか、これこそ本当の、
浮 か れ ろ テ ン シ ョ ン !!
いつか、どんな形でもいいからBeitとも合同で何かやって欲しいな、カフェパレ。