好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

少年ハリウッド第26話完全版の製作報告上映イベントへ行った話し・1

2017年7月23日(日)六本木のハリウッドホール(ハリウッド美容専門学校内)にて↑記事タイトルのイベントが行われました。公演内容は次、もしくはその次の記事から細かく綴っていこうと思いますが、まずは現地到着時にパシャ!と1枚↓
f:id:micanen:20170725012359j:plain


昼と夕の2部制で、私が行ったのは昼の部のみ。
せっかくのVIP席(2公演とも参加OK席)だったのですが、この一週間ほど前から身内が連日の暑さで体調を崩していて、そうなると両公演参加=ほぼ半日留守というのも不安だったので、昼の部終了後ササッと帰路についたのです(泣笑い)

でも、久しぶりの少ハリの、しかもジャスト1年前から告知されていて待ちに待ってたイベントです。お昼の部だけでもとても楽しめました。数記事前の出来事から少ハリ避け気味だったし、正直、全開☆前のめり!なテンションまで上がらなかったけど、映像見ていたら少しづつ興奮?してきてヤなことちょっぴり飛んでった。


でもその前、開演時間前にも少し?いろいろ飛んでったサプライズ。


もぎりのスタッフとしてZEN THE HOLLYWOOD 80's(ぜんハリ)の4人が入口前に立ってた…。しかもそれに気づいたの、並び位置の関係で直前も直前だったので、脳内フリーズしました………。


VIP席入口には横山くんと皇子、一般席入口には悠真くんとシゲさん、という配置。ぜんハリの手前には普通のスタッフさんがいて、招待状確認、ブロック番号券配布、あとは「缶バッジ1コご自由にお取りください」ケースもあって、そのケースに視線と意識を注いでしまったため(笑)ガチで本人の目の前で気づいたのです。


左側に横山くん、右側に皇子がいて、最初に目に留まったのはしゃがみこんで何やら物を取り出していた?左の横山くんでした。

私:(???)←衣装まで着ているのにまだ誰か呑み込めていない

順番のタイミング的に、この状態の人(横山くん)とは相対さないだろうと判断して、そのまま会場内へ(前に並ぶ人が会場内へと進んだので)私も入ろうと歩を進めた瞬間、視界の右側、しかも目の前に皇子がいた……フリーズしたのはこの瞬間。

私:「あ…!(←しか言えなかった/状況が呑み込めず言葉浮かばない)」

すごい驚いた顔したわけでもないけど、とっさに出たのは「今気がつきました」みたいな表情だったと思う。目は丸くした記憶がある。だけど皇子、というかさすが現役アイドル、こんな反応にも慣れているのか、私の表情に何か察したような顔してでもそれも一瞬であとは軽やかに、

皇子:「ZEN THE HOLLYWOOD 80'sですーよろしくお願いしますー」

……的なこと言ってくれた。言葉うる覚えだけど、たしかそんな感じ。
で、言いながらこんな↓カードを名刺のように手渡してくれました。

f:id:micanen:20170725012614j:plain

いやいやいやいや知ってたよ!?最近80年代を掲げた君らも、貴方様も!
ぜんハリの顔面偏差値支えてる(という自己紹介フレーズお持ちの)皇子でしょ?
「あ…!」って突然目の前にいたからポカンとフリーズしただけですよ!?
と、今になってボケをツッコむがごとく吠えまくるアホな私orz

えーと、あとはお互い会釈して?だったかな、私はそのまま会場内へ。………なんか、こうして書きながら思い返していたら、その時よりも今になって実感湧いてきた。あぁ、私皇子と会ったんだなぁって。

あああーーー!
入場列に並ぶ前に近場のお手洗いの鏡でメイクと髪を直しといて、

ホントよかったあああーーー!!!

………いや、鏡見たときホント、メイク崩れかけてるわ髪がクセでぼわぁと広がってるわ、ちょっとドイヒーな状態だったからさ…、最低限の身だしなみくらいはさ。

………ハッ!せっかくだから握手も求めりゃ良かったorz 来月の原宿街中握手会(アニメ第16話内イベントをぜんハリで再現イベント)見事に仕事で行けないからさ。うわぁ、ちょっとすげぇ後悔だわぁorz

それでは、ちょっと落ち着いてから次の記事を綴ろうと思います。
乱文失礼しました、また次回。


少年ハリウッド第26話完全版の製作報告上映イベントへ行った話し
1(開演前/このページ)
2(会場内のパネル展示など)
3(イベント前半)
4(イベント後半)