好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

すり潰して~~~みたよ!

前々回の記事から続いてる某件がらみで、いま私の手もとには7月23日(日)の制作報告上映イベントの参加権が1人分、余っております。

でも。もったいないとは思うけど。これをどなたかに譲るつもりはハナからなく、このまま手元で無駄に終わらせてしまおうと思います。まぁ、んな事したってハリファクさんにしてみれば、ありがとうございます状態(金だけもらえて当日人をさばく手間が1人分減ってラッキーみたいな)だろうけどさ。

それどころか、ここ1週間モンモンと(正確には気分の浮き沈み激しく)悩んでいたのは↑の参加権ではなくて。もういっそ、以前から確定していたVIP席をオクに出品しちゃおうかなって思ったり。いくらぐらい値がつくか興味はあるし。でもやっぱり、例え1曲分の完成映像でも見たいから、それもできない(笑)


結局、あちらさんには口先だけの謝罪で済ませようという姿勢しか伺えない、巻き上げられたモノは返ってこない、ならもういっそのこと「物」だけでもすり潰すぐらいしか、自分の中での落としどころって無いじゃん?………どうしてもこのイベントに行きたい!でも参加権ない!って人がいたら、ちょっと申し訳ないけれど。

今回の出来事に関しては、以上です。………かな?
またいろいろ溜まったら、ココにこそっと、ズラズラ~と書いてくかもだけど。


最後にひとつ、今回の件で思ったことをば。
ソレを大事にする気持ち、不当に奪われたら怒る気持ち。変な事かな。
たとえソレが一般的にガメつい、卑しい、と言われてしまうような物でも。そう言ってしまう側の人たちだってみんな、ソレの世話になって日々生きてるのに。ね?

ソレは時に、自分の命を繋げるもの、自分の身を助けるもの、家族や友人など大切な人に気持ちを伝えるもの、施しをするもの、他にも何だってできる、何にだって換えられる頼もしいもの。時には「人よりも裏切らない」とさえ言わしめるもの。

何よりソレが、今回の企画の原動力のひとつであったし、私もこの企画に少しとはいえ支援した事がきっかけで、今までより一層ソレの大切さがわかったし、ソレをもっと大事にしていこうと思って変えた事だってあったのに。皮肉だわな。