好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

彼らに顔向けできなくなるこの気持ち

おそらくですが、しばらくこのブログ長期のお休みするかもしれません。
まだわからないです。私のことだから7月のイベント後にしれっと更新してるかもしれないし。でも現段階では、気持ちの整理ができません。

事のきっかけは、大したモンじゃないんです。おそらく他人が聞いたら「なんだそんなこと」と笑ってしまうような事だと思います。でも自分にとっては、100年の恋も冷めるぐらいの、それまで信じてきた気持ちをグラグラ揺さぶる事がありました。

記事のタグでおわかりかと思いますが「少年ハリウッド(アニメ)」絡みです。
詳細は長くなるので省きます。きっかけはあちらさん(運営)に端を発したことなのですが、そこから起こった事柄は、いろいろな気持ちを駆け巡らせるほどのもので、今とても揺らいでます。

こうなると不思議なもので、作品の登場人物は何も悪くないのに、例えば彼らの活動記録を見ようとすると、運営側の存在がチラついて、見たい気持ちが失せてしまう。
正直、あれほど楽しみにしていた7月のイベントも、心の底から行きたいという気持ちが失せかけてるのが現状です。まさかの事態、発生です。

それまでは、ごくごく普通に少年ハリウッドを好きでいられたのにな。なんかもう、鬱の一歩手前まで来てる感じだよ、今のこの気持ち。ぶっちゃけ、つい昨日も本当に涙が出た時あった、コレ絡みで。

失礼しました。
それでは、また。