好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

サブタイも本編もノリノリ第16話

先週の予告で「綿毛の案」というサブタイトル見た時は、そりゃブフォッ!って噴き出しましたとも。オマージュわかりやすすぎぃ!って(笑)アニオタ界隈では「公式が病気」なんて言葉があるけど、ついにドラマ界隈にまで流行ってきたのかこの病気、なんて思ったり。

そんな「病気」の原因は、あまりおふざけできない本編からの反動かな?とも思いましたけど(絶対違う)まさか今回は本編までコメディタッチになろうとは(※そういうシーンが多かっただけで延々ではない)。アバンの「ぃよお~ぉっ!」→OP開始、からもう「え、なに今日の直虎(笑)」って感じ。

もういろいろありすぎたので、時系列無視の箇条書き↓

 ●私的な第1位→なつさん戻ってきてくれてありがとう!
(政次推し的には、前からだけどなつさん大天使)
 ●「物見遊山などと~」と六左に当たる政次さんちょい嫉妬気味?まさか?
 ● ↑からの雑巾つかった無表情脅しの政次さん、ただの女々しい系悪役(笑)
 ● 直之、方久、直虎による、この時代の拡散希望(物理/ラップ付き)
 ● 直之が語った兵法ってそれ、去年たしか真田さん家も…
 ●「あまり方々に噛みつかれると、そのうち支えを失いますぞ(政次 to しの)」
  →嗚呼っ!それウチの職場のバカお局にも伝えたーーーいっ!(笑)
 ● 視聴者と同じこと思う政次→「姉妹でこうも違うか…」
 ● 「いざとなったら守り切れるのか…」って直之くんがデレすぎてて萌え

………なんかもう、ハッシュタグ上で言われてる事といくつかダブってるし、他にも色々あるのだけど、とりあえずこんな感じ。あと今回の綿生産から、後の時代の自動車会社へ続いていくとかいう情報もあって、すごく楽しく歴史を学べた今宵です。

「おんな城主直虎」を見ていると、とてもわかりやすい日本史(戦国時代)を教えてもらっている気分。それは本当に「勉強」とか堅苦しい感じではなく。学校の授業では絶対やらないような、この時代の民の暮らしとか、情勢とか、社会背景とか、そういう細かい所。すごく凝った再現映像(ドラマ)付きで、実におもしろい!

時々、疲れているとドラマ自体を(リアルタイムで)見るのやめようかな~と寝床に突っ伏したりもしますが(笑)結局、今日も今日とてリアルタイム視聴してしまう私なのでした(笑)