好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

マッキー色で仏恥義ってた上映会2

前回(この記事)からのつづきです。

f:id:micanen:20170416140726j:plain


シアター内ではスタッフさんが、上映までのあいだ新ペンライト(見本品)を持って客席を回ってくれてました。私は今回残念ながらチャンスに恵まれなかったけど、次あったら手に取ってみようか。それとも完成品が届くのを楽しみに、あえて我慢してみようか。ちょっと揺れるこのキモチ。

あ、ちなみに今回のコラボドリンクはこんな感じ。ドリンク購入時にランダムでもらえるステッカーは「仏恥義理魂!!」でした。ちょっぴり狙ってたステッカーだったのでプチ・ラッキー(笑)さぁこやつ、どう活用してやろうかしゃん…。
それでは本編上映中のいろいろを↓


●「こんばんは!柿原徹也です!」と毎度おなじみ中の人の諸注意アナウンス
● ↑の話し口調がなんか面白くて、会場クスクス笑うの図
● まさかの6話、11話、20話、26話という4本立て(3本だと思ってた)
● マッキー的に重い話が続くからか、お笑い担当上映会でまさかの笑い少なめ。
● ↑の流れからの「仁義GREEN」EDがなんか胸熱だった。
● ↑の反動か、久々の26話だからか、会場の盛り上がりが大きかった気がする。
● とてもよく訓練された男性グループいたが甘木くんのお友達かもしれない。
● 上映終了後、余韻の残る中の「アンコール」合唱
● さすがに今回は「ラストに新情報バーン!」なかったか(笑)


記憶おぼろげだけど、だいたい↑な感じ。上記に書いたように、今回は内容が内容だから、じっくり見入るシーン多くて他のことあんまり覚えてナイスごめんです。

あと、シュン爺の上映会の時まではあった新規映像、今回はなかったのですが、これに関してはもう、むしろそうしてください!というか、ここに注ぐ力があったら26話完全版に注いでいただきたいので、スタッフさんむしろありがとうって感じ。

てなわけで、さらっとですがマッキー誕生日上映会を振りかえってみました。
とか何とかしてるうちに、早いもので今日はカケル氏の誕生日ですよ。上映会当日ですよ。もう何度目かの池袋なのに、今日も少しドキドキです。それでは!改めてのハッピーバースデーしてきます。空模様が少し心配だけど無事に行けますように!