読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少ハリFCに入った私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

しのさんが悪循環ターンに陥った原因です

しのさんがあそこまで、自分の回りで起こる一挙手一投足すべて悪く捉えるようになったのはさ、しのさんの気持ちを理解してくれる人(話しに耳を傾けてくれる人、心を許して話せる人など)が誰もいなかったからじゃないのかな。だから、何でもかんでも悪く捉えてしまうほど、思い詰めちゃったんじゃないのかな。

ハタから見たら「うわぁ、この人めんどくさい近寄らないでおこう(←今回のしのさんのような)」状態の人の、根本の原因って実はけっこう単純で。よき理解者が誰か一人でもそばにいてくれたらこんな風にはならなかったかもね。そういう事例、今回のしのさんじゃなくても、現実でもそこらじゅうにゴロゴロしてるよね。


………な~んて事を思いながら見ていて、終盤で次郎様が直親を激おこ!するシーンになって初めて気がついた→「あぁ!そーだ!おまえだよぉ!本来しのさんのそばでよき理解者になり得るはずだったのは直親あぁぁぁぁ!!」………前回に引き続き、人の心がわからない継続中で「ダメだこいつ感」満載だったからWASURETETA!

もうさ?序盤のどじょうが食卓に上がるシーンから「あぁ、今のしのさんにソレ言っちゃアカン…」って、見てるこっちがなぜかハラハラ気味で「うわぁ、うわぁ…」と思っちゃうほど………直親が不正解を続出してんだもんorz 何が大正解ピンポン!かもわからないけど、とにかく不正解しつづけてるのは伝わった(笑)


からの(途中いろいろ経て)アノ深いため息でしょう。そら次郎様も目を丸くして激おこ!しますって。まぁ、直親の性格を考えれば「理解しがたい言動を取り続ける女→めんどくせぇ女→深いため息」だったんだろうけどさ?子作りの半分は自分にも原因あるだろうに、その自覚もなく、あの状況のしのの前で聞えよがしにため息って、もう人としておかしいよレベルじゃね?次郎様、激おこ!ありがとう…。

せめてもの救いは、直親の素直さのおかげで今回の話数、良い雰囲気で終了した事。いやぁドラマって本当にいいですね(←某水〇さん風に)。いやよくねーお!先週から「おのれ直親」言ってたせいで、政次さんと次郎様のお茶目なやりとり忘れかけたわ!やっぱりおのれ直親ぁ!あぁ~めでたやめでたや!(←第5話の瀬名さま風)

それでは次回は………楽しみにするにはチト辛いかもしれぬ、桶狭間の回ですよ。それでも待ちわびる次週です。では、おやすみなさい…。