読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少ハリFCに入った私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

考えるんだ!例えアレなのが上司でも!

他作品

大泉信之お兄ちゃんが最終章に突入以降、コメディ担当として癒してくれてるところに三谷さんの「俺も最終話まであきらめない」精神を感じてしまう今日この頃。Twitterの盛親botさんがラストの紀行を見て喜び惚けるタイムラインも目に浮かびます。ではさっそく見終えたばかりの「真田丸」第47話、叫ばせていただきます。

こ…っんの…!大馬鹿野郎がぁぁぁぁっ!!!


For 大蔵卿局。あ~も~スッキリしない!(笑)きっと全国の皆さん、似たようなタイミングで憤りのあまりパッションはじけてしまったのではなかろうか。そら幸村も治長さんもキレるわ。和議はお初さんで!と周りが言っているのに、横からしゃしゃり出てきて何度も「私が行く」アピール。この時点ですでに絶望感MAX!

1視聴者としてもまさか、大蔵卿局がここまで突き抜けたアレとは思わなかったorz そうしましょ♪そうしましょ♪じゃねーわ!自分がどういう約定を取り付けてきたのか、まっっったくわかってない程度の能力で何でしゃしゃり出んだよ………あ、わかってないからこそかorz 現実にもいるよね、こういう上役(笑)

ああでも、そこからの牢人衆の奮起への流れには救われました。めちゃくちゃ救われた。家康が見落としてたのは、豊臣方の中に「逆境になればなるほど燃える」人達が一部入り混じっていた事でしょうか。ちょっと三谷さん、本気で「今年の豊臣は勝つんじゃね?」な噂あるけど、本気で本気にしちゃいそうですよ。どうしましょ。

そこにプラスして、又兵衛たちに囲まれた作兵衛が昌幸さんの事を語るシーンには、ちょっとこみ上げるものがありました。言われてみりゃそうなんだよな、周りからは色々言われていたお父ちゃんだったけど、実際には1つの目的があって(武田家の地を守ること)そのためなら何でもやってきた。純粋にすごいと思うわ…。

全然関係ないけど、最後にきりちゃんへ。今回も貴女様は大変おもしろかったです。お前なら出来る!と幸村さんからの褒めてもいない信頼に引きつり顔でOK!と応え、和議の最中には幾度ものローリング介入(笑)でも相変わらず源次郎の色恋沙汰に敏感な所はきゅんと来ました。どうかこの先もそんな貴方様を見せてください。