読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少ハリFCに入った私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

とてつもなく勝利!(TOZ2周目中)

テイルズオブゼスティリア

テイルズファンの皆さんはきっと今頃ベルセリアを嗜んでおられるだろう今日この頃(私もはよプレイしたい、つーか買いたい…)。本日も元気にゼスティリアを進め、これからバイロブクリフ崖道を進もうという所です。その前にラストンベルの加護も復活させてきたお!そのためのサブイベは切なかったけどさ。

「とてつもなく勝利!」はロゼが戦闘終了後に大の字ポーズで言ってくれるセリフで、結構気に入ってます、気分がスカッと明るくなるし。1周目の時もそうでしたが、彼女がパーティに入ってからは楽しい気分でプレイできますね。スキット等でも話し方とか小ざっぱりしてるし。好きっすわこういう子。

彼女が穢れない理由が矛盾してるとかで批判してた人らもいたけど、たぶん物事を理詰めで考えるタイプの人にロゼを理解するのは難しかったんじゃないかな。逆に物事を直感や感覚で捉えるタイプの人には何となくでも分かったんじゃなかろうか。私は後者タイプだったから、それほど彼女に疑問も嫌悪も感じてないんよ。今も。



イベントやスキット等で彼女の裏表のない、あっけらかんとした言動見てると、つくづく思います「あ、こりゃ穢れようがないわ(笑)」って。おかしさもこみ上げながらそう思っちゃう(笑)エドナが皮肉とか嫌味のつもりで言った言葉も「そりゃそうだ」って笑って受け止めちゃう所とかね。

いや~当時は「ロゼも好き」とか言ったらタチの悪い一部の批判派に絡まれるんじゃないかと冷や冷やして(笑)表だって言えなかったんだよね。でももう新作も発表されたし大丈夫かな?と思ってカミングアウト。好きなものを当時メチャクチャに言われた分のお礼(すっとぼけ)と思えば尚更大丈夫よね、お互い様だし。

話しを戻して今はローランス編で、セルゲイさんにはお世話になりっぱなしです。ハイランド編のアリーシャのような存在ですね。てかさぁ、アリーシャの作中での位置づけで不満吹いてた人らセルゲイさんにも同じような事言わなあかんやろ。アリーシャと同じ協力者でありながらなぜパッケージ絵にすらいないんだ!って(笑)

ま、冗談だけど。でもきっと批判してた人らの方程式を引用すると、このセルゲイさんも「天族や憑魔が見えない=真の仲間ではない」認定になるのかね………
くっだらな!!!
「差別反対言ってる奴が差別を引き起こしてる」理論と似てるのぅ。

はぁ。当時、内に溜めていたものの一部はこうして吐き出してきたけど。真面目に思い出すの馬鹿らしくなってきたお…。同じ立場じゃなければ理解し合えない事は現実にもいっぱいある、でも違う立場同士でも絆が続く現実も確かにある。アリーシャやセルゲイって後者なんだろうね。真の仲間騒動とか本当くだらない。

人と人との間柄に「仲間」だ何だと名前を付けて認識しようとするから、あんな下らない騒動が生まれるんだお。本来名前なんか無くたって人は関係を築けるのに。昨今のアニメなどに「仲間と1つになって成長していく」系が多いから、その仲間美談に感化されすぎた弊害なのかなぁと私は思っています。あの騒動の根本は。

さ、この憂さはバイロブクリフ崖道で思いっきり暴れて晴らしてやんよ!全然関係ないけどスレイの連携が時々、綺麗にできるようになってきたし!石化防止のスキルはまだ発生しないけどな!(笑)待ってろゴドジ~ン!そして行方不明の教皇~!