読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

TOZをほぼ1年ぶりに!その2

お盆休みをいいことに、ただ今TOZ(2周目)をプレイ中(ここからの再開)です。この一晩でマーリンド浄化、グレイブガント盆地を経て、今はティンタジェル遺跡。ひとまずスレイにはお疲れ様!そしてロゼ~!早く仲間になったげて!グーパンかましてないで(笑)ここまでの流れ見ててもスレイの状況が切ないわ…。

でもひとまずは、ここで長時間プレイは終了~。あとは毎日の中で時間作って、1日1時間前後または1ダンジョンのペースで進めたいな。じゃないと生活リズム狂い出すし、社会からこぼれ落ちたような焦燥まで感じ始めちゃうからさ私の場合。ゲームってプレイしてる間はいいけど、終えた後の虚無感が半端ない。

話しを戻して。発売当時ネット上でギャーギャー騒がれた(俗称)真の仲間シーンをこれからに控えています。でも私は1周目同様ツッコみ入れる事もなく普通に見入ってるんだろな。ここまでのイベントやスキット等をスキップせず見て、話しの流れを自分なりに飲み込めてる人にとって騒ぐようなシーンでもないですからね。



って考えると結局、当時のあの騒動(というほど大規模でもなくネット上でのみの出来事)は何だったんでしょうね。某所のレビュー欄ではTOZ楽しかった♪という人達にまで「(批判してる)自分らが納得するようなレビュー書け(要約)」などと、石だか火だか飛んでくるTOZ的に言うと「穢れの坩堝」でした(笑)

いや今だから言えるけど、画面の向こうの赤の他人に自分が求めたとおりの行動とって欲しかったら取るべき態度があるでしょう。義理も義務もない他人様が喧嘩腰で突っかかって来た奴のために時間割いて文章書いてくれると思う?あの「書いてもらって当たり前」という無自覚な傲慢さ、どこから沸いてくるのでせう。

…とまぁ要するに、ツッコミどころ満載な人らも含め起こしていた騒動で、その時点で批判内容もお察し程度のものが多かったんですが、きちんと内容を把握した上で真面目に批判していた人達(少数)まで同類扱いされそうだったのは気の毒でしたね。同じ批判意見の人達の顔に泥塗ってる自覚もないって、もうね…。

・・・・・・って!
今は過去を振り返っている場合ではなーい!


やばい、やばい、やばいんです!ロゼが仲間に入る(時が近づいてる)という事は?この後はローランス帝国編なんです!あの石化攻撃してくるフォートン枢機卿のボス戦が、いずれやって来るんです!なのにスキルシートの仕組みを未だに理解できてなーい!ど、どうすれば意図的にセイム6のイージス(石化防止)作れるんorz

とりあえず各々、弱点を補うスキルを装備に付けようと、6つ同じスキルをつけようと思ってるんだけど、そう都合よく自分が欲しいスキルが手に入るわけもなく(汗)スキルシートは今「適当に組んだスキル」と「偶然の棚ぼたボーナス」によって支えられています。先が思いやられ過ぎんよ~~~!!!(笑)

そしてもっと大問題は、相変わらず丸ボタン連打のごり押し戦闘しかできていない自分自身。もっと華麗にコンボ決めたい!しかしそれが容易にできないドンクササ。砕塵牙がコンボに組み込めないんよ、それぐらいドンクサ…orz

だからさ、もう早くロゼ仲間に入れてパーティの雰囲気パ~!と明るくしちゃおう!それだけが気分的な救いであり、今現在のささやかな目標。でも彼女の秘奥義は封印させていただきます。自分がアタフタ戦闘してる横でやり過ぎなくらい秘奥義を何度も出された1周目がくやしかったから(笑)ほんじゃ!私がんばるお!