読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

ミクリオとアリーシャ

今週のTOZX4話。アリーシャ姫がライラ、ミクリオと初めて言葉を交わすシーン、ようやく見ることができました。ほぼゲームのままをアニメで再現していただきましてUFOさんには感謝&感謝です。TOZお気に入りシーンの1つだったので。

さらに感謝というか、これはスレイにグッジョブ!した方がいいのかも(笑)えらい近くまでミクリオをアリーシャ姫の前まで押し出してくれて、もう本当に誠にありがとうございます(私的にはとっても重要ポイントなので太く書きました)。ゲームの時も近いといえば近かったけど、今日のアニメver.ほどではなかった。

このシーンはゲーム発売前の、ミクリオかアリーシャどちらかのキャラ編PVで抜粋されていたシーンでもあったんです。少し照れ気味のミクリオ(今日のアニメでも同じ)に「………お、これはホの字への発展もあるか?」と少し期待しちゃったんですが、もちろんゲーム本編でそんな展開はありませんでした(笑)

ただ、アリーシャに出会った(知った)タイミングはスレイと同時。そして全く期待していなかったゲーム本編でも、彼女がパーティから離れた後もスレイ同様に彼女を心配しているスキットが数回ありまして(他の天族もだけど)。少なくともロゼと比べると、ミクリオの中で彼女は「女の子」という認識だったんじゃないかな。


そしてこれは想像だけど、スレイがいなくなった後も(スレイの代わりのつもりで)時々アリーシャの様子を伺いにレディレイクへ赴いていたんじゃないかな、と。

ちなみに補足すると↑の想像は単なるカップリング妄想ではないのです。ミクリオを含めたスレイ、アリーシャ、それぞれの関係性が、なんだか暖かくもあり、切なくもあり、胸にジンと来るのですよ。ゲームのストーリー展開も含めて考えた時に。

………4話からだいぶ話しが逸れましたね(笑)今日は他にもライラが頬をぷくぅ!と膨らませるトコが可愛らしくて思わず笑ってしまいました。そして最後の次回予告、この人ら「長期休暇もらえた社会人」のような事をのたまってましたが(笑)ノリ軽すぎんよ~!竜巻迫ってきてたじゃ~ん!どうすんよアレ~!

お休みする代わりに誰か別の人が出るそうですが、まぁもうその辺はテイフェスの時と公式サイトの告知で知っちゃってて、だがここでは言うまい(ネタ伏せ)。それでは次回「災厄のはじまり」お楽しみに!ってライラはん、それ「お楽しみに!」って言えるようなサブタイ違うから。災厄はじまるの楽しみにはできんよ…(汗)