好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

善子が私内ランキングに踊り出たが・・・

昨今アイドルアニメは多々ありますが「キャラづけ」って(大事かどうかは別として)おもしろいですね。「運気上昇担当」なんて自己紹介する男の子もいれば(少年ハリウッドのトミー)、今回5話で登場した善子ちゃんはファンをリトルデーモンと呼び「不運にあたった日は私の加護のおかげ」みたいな事を言う(時もある)。

そんな善子ちゃんですが、これまでの話数でチラチラ見せてきた堕天使キャラが実はクセみたいなもので、本当は「もう高校生になったんだからやめなきゃ」と思っていて、中二病からもとっくに目が覚めてて、普通になりたくて、でも堕天使キャラが好きでやめられなくて…と自己矛盾に悩んでいる、そんな5話でした。


この「普通になりたくて、でも普通じゃない自分の趣味を嫌いにもなれなくて」というコンプレックスのようなものは、私も相通じるものがあるので(笑)今回の5話も割と善子ちゃんに感情移入して見ていたのです、が!それをぶち壊してくれたのが、終盤の善子vsアイドル部5人の追っかけっこシーンでした。

なんやねんあの観光PR感ダダ漏れ背景は!(笑)

世の中には「中途半端にやるよりは」とか「やり過ぎなくらいが丁度いい」とかいう場合もありますよ?ありますけどね?…このシーンに関しては「わざとらしいイヤらしい」感じしか、なかったですね悲しいですね。まぁ、笑い飛ばせばいいシーンなのは明確だったんだけさ(ンな格好とその人数で街中走るなよ!と)。

アニメ聖地としてアピールするのは良い事だとは思うんですが(地元活性の意味で)それを作中で露骨にやられると萎えますね。前に聖地巡礼を取り上げた一般向けの番組でファンからの反応の一部として紹介されてたじゃーん…「これやっときゃ食いつくだろ」的な雰囲気をファンは敏感に感じとるから匙加減が必要ってさぁ。

………って!5話の感想を書こうと思ったのに、聖地どうのこうのでムダに行数使ったあぁぁ!はぁ、せっかくの善子ちゃん回なのに観光PR背景にいろいろ持ってかれるとか、そっちのが悲しすぎる(笑)いや、持ってかれただけで今回もいろいろ面白いもの見られて楽しかったですよ?丸ちゃんが文明の力に感動してるトコとか(笑)

あ、でも。丸ちゃんのあの反応は可愛らしくて楽しかったんだけど(これまたツッコミ入れてしまって申し訳ないんだけど)なんか、寺や神社など昔ながらの職の方々の私生活に対するイメージ像、あまりにも安直すぎやしません?ああいう方々も人並みに家電等そろえて暮らしてますって…キャラのデフォルメも程ほどにしよ…?

話しを変えて。最後のEDは案の定、善子ソロ(あいきゃんソロ)でしたね。なんか、このハスキーと可愛らしさを兼ね備えた歌声、私けっこう好きかもです。現時点での私的ナンバー1EDは彼女の歌声かも。余談ですが2ndシングルの善子ソロ「まぁそ~んな事は気にし~ない、しな~いで~♪」の部分も結構好きなんです。

結構好きでいえば、善子が堕天使キャラの時のイケメンボイス「私と一緒に堕天しない?」も同じくで、今日は6人総出でやってくれたけど、そのシーンも私的には超ツボってます。男女問わずイケメンボイスは好きよ(笑)

………ところで。最後にEDロールで梨子さんのお母さん役で、イケメンボイス歌唱でお馴染み?の水樹奈々さんの名前が、あったような気がしたんだけど……マジ?私の眼の錯覚…?本当だとしたら今回のラブライブ豪華すぎぃ!あとで録ったもの見返してくるわ。というわけで善子ちゃんもお気にになった今宵でした。ではまた~♪