好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

少ハリねずみカラー情報局特別編!~いろいろの巻~

ZENハリライブの締めは「永遠never ever」。
ラストのサビでは、コウさんの衣装に身を包んだ裕斗さんも加わります。その流れからの「エンドレスストライプ」。間奏では「約束なんて守れない!」自己紹介もコウさんでやってもらえました(笑)「ピンキー」も歌って欲しかったけど、時間が押してたのか一曲だけでちょっと残念。

そして「ねずみカラー」ではお馴染みの山下氏は………実はこの日、別現場から直にこちらの会場へやってくるという過密ワークだったらしく、ステージに現れたのは20時前後ぐらいだったかな。場合によっては今回の出演、断る事だってできただろうにギリでもこっちへ顔を見せに来てくれるその心意気、セーラー襟を着て来られた事も含めて頭が下がる思いでした。

そんな山下氏の男気?とは対照的に、皇子は序盤のMCからヤラかしておられました。
冒頭で登場して早々「開演直前まで舞台袖でハナ○ソの話しで盛り上がって~」と、いきなり会場をどよめかせます (乾燥の季節だとソレが塊になってふとした瞬間にピュッ!と飛び出ちゃうから困るよね、からの盛り上がりらしい)。

さらには「山下メーター」なるものを持っている!てか作ってきた!と自信満々に言い出し、(連絡取り合いながら中継でもするのか?)と思ったらば。紙とガムテで図画工作した、端と端にスタートとゴールを書いただけのただの横長紙製メーターを広げてくれました(笑)

山下氏の現在位置は、マッキーと同じ名の油性マジックで適当~に棒を書いて示すだけ。これを見た到着後の山下氏、「えっ!?何コレ!」と驚きつつ、そして冒頭の「ハナ○ソで盛り上がった!」という話しにも目を丸くしつつ、だけどそんな皇子のお戯れに笑っておりました(笑)

++++++++++++++


山下氏合流後も引き続きの質問コーナー、早々に山下氏が答える番となります。
少年ハリウッド」の中で一番好きな話数は?という質問にはほぼ迷わず、7話(原宿へ歌いながら飛び出しちゃった回)を挙げられました。

楽しかったのもあるし、声優をやっていく上であんな(アフレコの)経験は中々できないだろうなぁと思う、と。「レッツ!レッツ!」と4人でカケルをけしかける場面も何度も繰り返し録った、とも言ってましたね。

「冷静に考えてみたら怖い事だよね。今こうしてステージに立っている内の誰かが突然歌い出して、そのまま(会場の入口を指し示しながら)出ていっちゃうんだから」
とは、いくよ氏の談。まさにこの日の出演者8人がステージ上に並んでいる状態で言うものだから、妙にリアリティあって客席も笑ってしまいます(笑)

続いて「ZENハリの中ではぶっちゃけ誰推し?」という質問には「トラちゃん(深沢くん)」という答えが。少ハリのアフレコ現場の頃から知っていて、最近では声優として活動する機会も増えたよねと、バッドを振る素振りをしながらトラちゃんを見る山下氏(笑)
「言っていいんだよ!言うべきかためらってると『いくよが口止めしてるんだ』って誤解されるけどしてないからね(会場笑い)」
と慌てていくよ氏がフォローに入り、そこでようやく「ダ○ヤのエース」と山下氏が言った途端、会場も沸きました(笑)

終盤のHMM×少年ハリウッド商品の紹介コーナーでは、スワロフスキー入りシールのキラver.を片手に「み~んなでキラキラしよっ♪」と山下氏、生のキラ声を披露してくれました。黄色い歓声が上がったのは言わずもがな。私もこの瞬間「今日来て本当に正解だったわ…!」としみじみ思ったのでした。


(少ハリねずみカラー情報局特別編!プチレポ)
~ZEN LIVE!の巻~
~少ハリの巻~