好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

おんな城主直虎

「慕われ信康の一生」とか言わないで…。

あの33話に勝る悲劇回なんてもうないだろう、と無意識に思ってたから、ここまで何やかんやありつつ安心して見ていられた直虎。でも改めて思い知らされました。真の裏ボスは織田でも武田でもない、森下氏(のストーリー構成)だったという事orz 第45回「魔王…

あれ?今日誰が初登場で騒いでたっけ…?

今日の第38話から、満を持して登場しました菅田さんこと井伊虎松。 今日の時点で公式サイトから発信されている虎松だけでも腹よじれます。 ● ラスト5分の虎松に思う「お前、スケコマシにだけはなるなよ…」 ● 何かの書面を見て憤慨している?変顔虎松にコー…

まだ終わってないけど、殿お疲れ様…。

とりあえず祝杯上げよう! 殿、結婚おめでとう! (※↑いささか誤解を招く表現ですので鵜呑みはやめましょう)そういえば先月20日の前記事からご無沙汰でしたが、あれから皆様(特に政次スキーな皆様)いかがお過ごしでしたか?私はというと、放送見ながら涙…

最期に笑ってくれたから、私は泣いた(直虎第33回)

よくドラマやアニメの感想をネット上で読んでると、 「泣きました~!」「泣けた~!」「全俺(私)が泣いた!」 というのを見るけど見るたびに(ホントに涙してんのか…?)なんてよく思っていました………がっ!本日の20時40~45分の間、私もついにガチ泣きす…

この動揺、どうしてくれよう(直虎第32回)

これから綴ることは、あくまで大河ドラマでのお話しです。 史実では実際にどういう経緯をへてあの結果になったのか、現代を生きる私たちの誰もが全くわかりません。だから教えてー!タイムスクープハンターッ!! 今もって、たかだかドラマの中のお話しで、…

公式サブタイトルがメタ的にも見える件

ツイッタでちょろっと見てしまった、おんな城主直虎・第33回(8/20放送予定)のサブタイトル↓が、なんだかちょっぴり衝撃で夜しか眠れそうにありません。 「嫌われ政次の一生」 ………あ、こりゃもうあかんわ。 この日ばっかりは某ハリウッド夏祭り2017行けな…

サブタイも本編もノリノリ第16話

先週の予告で「綿毛の案」というサブタイトル見た時は、そりゃブフォッ!って噴き出しましたとも。オマージュわかりやすすぎぃ!って(笑)アニオタ界隈では「公式が病気」なんて言葉があるけど、ついにドラマ界隈にまで流行ってきたのかこの病気、なんて思…

その「一瞬」に全私が泣いた

「おんな城主直虎」新章スタートしましたね。ここしばらくブログ更新お休みしてたけど、その間、何も思うことなく流し見してた?なんてあるかーい!ず~っと政次寄りな心持ちでストーリーを追っていますので、ここ数話(11、12話あたりから)私のハートはグ…

しのさんが悪循環ターンに陥った原因です

しのさんがあそこまで、自分の回りで起こる一挙手一投足すべて悪く捉えるようになったのはさ、しのさんの気持ちを理解してくれる人(話しに耳を傾けてくれる人、心を許して話せる人など)が誰もいなかったからじゃないのかな。だから、何でもかんでも悪く捉…

いるいる!直親みたいな奴…

以前、鶴(政次)を気にしながらこのドラマを見てる的なことを書きましたが、そんな私は亀(直親)を「胡散臭い野郎だな…」と感じながら見てもいます。います、がしかし!今日はその胡散臭さがいつにも増して放たれてましたね。それはもう、見ているこちらが…

心奪うのは瀬名、政次、そして菅野曲

「おんな城主直虎」第5話の感想を、一週間も遅れて綴ります。 前回までで子役さん達の出番はフィナーレ(たったの4回がもったいない気もするけど)、そして今回からようやく柴咲コウさんはじめ大人(本役)の皆様が登場。 個人的には小野さん家の長男の行…

目には直虎、耳には菅野

真田丸(大河前作)の終盤、「おんな城主直虎」を匂わせるセリフがちょろっと出てきた時から、見よう見たい見なければ!と思っていましたが、その気持ちに拍車をかけたのは、音楽を担当されるのが菅野よう子さんだった事。OPもどんな風になるのか、すごくす…