好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

動く時は動き、静まる時は静まる

最近、「Makuake×少ハリ」の事を考えているとBGMでドリカムの「近づいてく~近づいてく~/決戦は金曜~日~♪」のフレーズが頭の中に流れてきます。

2017年3月21日、追加リターン来ましたね
「少年ハリウッド」LIVE GOODS が時空の向こうからやってくる!
より、
エンブレムペンライト+Tシャツ【先行販売50%off!】+ブロマイドセット
9,855円コース(税込)

こんな大盤振る舞いして大丈夫ですか…と、現時点で「1本コース」しかポチしていない私めが、おこがましく心配してますなう。ペンライト千本受注達成後のストレッチゴールだったTシャツを半額、ホワイトデーブロマイドをタダで。この値下げ感、なんかデジャブだなと思ったらアレだ、馴染みの店の閉店セール(笑)


いや、笑いごとじゃ無いし。人間生きていく上で何かを成し遂げるためには「踏ん張らなきゃいけない時期」が多々あることは重々理解してます。でも、こちらとしても出せない金は出せません、今はまだ。本来なら気持ちよく支援できる事こそ、人生においてのプライスレス(代えがたい価値ある物事)なのも理解はしてるよ…。

今回の追加リターンも見た瞬間ポチッ!と支援したくなりましたが、チョット待て!と私の中の第六感が猛烈ストップをかけまして「今はまだその時ではない!」と。また受付期間の終盤で「のどから手が出るほど系」の追加リターンを爆撃してくる可能性が、なくはないじゃん?そう思うとホイホイポチッとできないの…orz

ここ数か月、「Makuake」がきっかけでお金の事、今後の事、いままで以上に考えるようになっちゃって。こんな本買っちゃったり、個人向け国債とか投資信託とか確定拠出年金とか、今までの私だったら「何ソレおいしいの?」で自己完結してたような物事にアンテナが向き始めたりしています。うわぁ、将来銭ゲバのヨカーン(笑)


あーもーどうしてこうなった!ああそうだよおまえら(少ハリ)のせいだよ!
BD1期2期全巻を一気に大人買いしたあの瞬間からもうクレイジーだったよ!
私の人生くねらせやがって!なんなんだよおまえら(少ハリ)はよおぉぉ!

Tシャツなんか半額しなくったって買ったるよぉ!
ブロマイドだって値付けられたって買ったるよぉ!
ペンライト5本コースだって(自由に使える)金があったらポチッてるよぉ!

というわけで私は期間終盤まで動きません。いや、動けません。
懐がほどよく暖まるまで、まだ、動けません。

#22で「1番輝いていたで賞」を贈りたいあの人

たぶん、多くのアリーシャ好きさん達にとっての今回の燃えポイントは「あそこ」だと思うんですよ。私も同様だったんですが、その後の超絶ハッスル☆ルナールさんと、ラストのサイモンさん、お二人にいろんなもんフッ飛ばされて、

あ、え?うぇ、えぇえええぁぁああぇぇぇ!!?
(ルナールさんには少し笑いを含んだ感じで↑)

な~んて心の中で言葉にならないモンを叫んでしまいました#22です。しかもこの、本当にハタから見たら報われてんだか何なんだか、視聴者側でさえ「割とおまえの事はどうでもええ(スレイたちの方が気になる)」という状況だろうに、でもきっと本人達にとってはこの上なく幸せな状況下で最期?を迎えたんだろな、と。

「俺だって何かのために何かしたいんだよ!」

特にルナールさんのあのハッスル☆はもう「だwかwらwおまえ一体何なんだよwww」とツッコミ入れつつ、本当に子安さんお疲れ様です楽しそう?で何よりどすえ。


主人公チームと違って特に目標もなければ、野心とか、要するに「自分を心から突き動かすほどの強い願望や欲望もない」「だからとりあえず目先にある楽しそうな事を」「でもそうしていてもなんだか満たされない」おそらくそんな状態だったんだろうルナールさんが、最期の最期で「これは!」と思えた時だったんだろな。

どこぞの漫画にあるような「燃え尽きたぜ…」で目を閉じたとしてもさ?満たされた、自分で最高だと思える瞬間にサヨナラできたって、すごく幸せな事だと思ったのね。ラストのサイモンさんも同じく。あーでもサイモンさんはAAEでのアリーシャとの例のシーンをアニメでも見たかったから、それはちょっと切ないわぁ。

………と思った今宵でした。全然関係ないけど、相変わらずドラゴンの描写おどろおどろしく迫力あって、すごかったね…。サイモンさんの瞳も綺麗でした…では。

しのさんが悪循環ターンに陥った原因です

しのさんがあそこまで、自分の回りで起こる一挙手一投足すべて悪く捉えるようになったのはさ、しのさんの気持ちを理解してくれる人(話しに耳を傾けてくれる人、心を許して話せる人など)が誰もいなかったからじゃないのかな。だから、何でもかんでも悪く捉えてしまうほど、思い詰めちゃったんじゃないのかな。

ハタから見たら「うわぁ、この人めんどくさい近寄らないでおこう(←今回のしのさんのような)」状態の人の、根本の原因って実はけっこう単純で。よき理解者が誰か一人でもそばにいてくれたらこんな風にはならなかったかもね。そういう事例、今回のしのさんじゃなくても、現実でもそこらじゅうにゴロゴロしてるよね。


………な~んて事を思いながら見ていて、終盤で次郎様が直親を激おこ!するシーンになって初めて気がついた→「あぁ!そーだ!おまえだよぉ!本来しのさんのそばでよき理解者になり得るはずだったのは直親あぁぁぁぁ!!」………前回に引き続き、人の心がわからない継続中で「ダメだこいつ感」満載だったからWASURETETA!

もうさ?序盤のどじょうが食卓に上がるシーンから「あぁ、今のしのさんにソレ言っちゃアカン…」って、見てるこっちがなぜかハラハラ気味で「うわぁ、うわぁ…」と思っちゃうほど………直親が不正解を続出してんだもんorz 何が大正解ピンポン!かもわからないけど、とにかく不正解しつづけてるのは伝わった(笑)


からの(途中いろいろ経て)アノ深いため息でしょう。そら次郎様も目を丸くして激おこ!しますって。まぁ、直親の性格を考えれば「理解しがたい言動を取り続ける女→めんどくせぇ女→深いため息」だったんだろうけどさ?子作りの半分は自分にも原因あるだろうに、その自覚もなく、あの状況のしのの前で聞えよがしにため息って、もう人としておかしいよレベルじゃね?次郎様、激おこ!ありがとう…。

せめてもの救いは、直親の素直さのおかげで今回の話数、良い雰囲気で終了した事。いやぁドラマって本当にいいですね(←某水〇さん風に)。いやよくねーお!先週から「おのれ直親」言ってたせいで、政次さんと次郎様のお茶目なやりとり忘れかけたわ!やっぱりおのれ直親ぁ!あぁ~めでたやめでたや!(←第5話の瀬名さま風)

それでは次回は………楽しみにするにはチト辛いかもしれぬ、桶狭間の回ですよ。それでも待ちわびる次週です。では、おやすみなさい…。