好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

NHKの「ベスト・アニメ100」へ1票

「Makuake×少年ハリウッド」にて、ハリウッドファクトリーさんよりメッセージが届いていました。ちなみにこの「メッセージ」というのは、Makuakeにアカウントを持っている人がマイページで見られるものです。メッセージはこれまでにもたびたびありました。とりあえず今回のメッセージを一部抜粋↓


ハリウッドファクトリーからのお願い
NHKさんでおこなわれている、ニッポンアニメ100 ご存知でしょうか?
視聴者によるWEB投票で「ベスト・アニメ100」「ベスト・アニソン100」を選出するというものです。
少年ハリウッドにぜひみなさまの投票をお願い致します!
http://www.nhk.or.jp/anime/anime100/


早速この「ベスト・アニメ100」へ飛んで「少年ハリウッド」に投票して来ました、来たんですが………上記(太字)の宣伝範囲、狭すぎませんか。Makuakeにアカウント持っている人(少ハリのクラウドファンディングに支援した人)にしか情報伝わらないと思うのですが…。FCツイッターとかは別の所が運営してるから、とか?

私はと言えば、もう投票締め切ったかも?と慌ててましたよorz 余談ですが明日は第2期「50」に投票してこようと思います。とりあえず今日は眠いので、取り急ぎ投票してきた旨ご連絡まで。ではおやすみなさい。

綺麗事って理不尽だなと思う。

今回のTOZX第17話、スレイくんにお伺いしたい。
「どんな理由があっても人を〇しちゃいけない」
という言葉(考え方)は、どんな信念から出てきている言葉なのでしょうか。

似たようなセリフをほざく正義ツラした主人公は古今東西たくさんいますが、そのすべてに上記の質問を投げかけたい。そのセリフふりかざして守った奴が他の誰かに悪さして、その悪さをされた被害者にも同じセリフを言うのだとしたら、とてつもない理不尽としか言いようがありませんが、いかがでしょう?

別パターンも言いましょうか「こいつを〇さなければ自分が(平穏に)生きて行けない」という状況に追い込まれた人(借金取りに「金が無いなら死んで返せ」と毎日追い立てられてる人とか)に上記の「どんな理由があっても~」を言う場合「だから我慢して耐えろ」と言っている事にもなっちゃうんだがなぁ。

スレイくんさ………綺麗事ふりかざすのなら納得できるだけの理由を添えてくれ。少なくとも今回の話数、アンタ上記のセリフ繰り返すばっかりだったやん?(状況的に説明できるような暇もなかったけどね)あんなセリフは「社会通念上あたり前だよね」ぐらいの意味しかなくてさ。

家族(として共に生活していた人達)を卑怯なやり口で殺されてしまった、そのロゼの気持ちに対して綺麗事くり返すだけで、彼女がどうしてあれほどの行動を取るに至ったのか、想像の1つも働かせたか?世の中にはアンタみたいに平穏無事に生きてきた人間ばかりじゃないんだよ。

………ちょっと今回は、ロゼ氏に感情移入しすぎちゃったかな。
今後ロゼ氏も心境の変化あるかもしれないけど、これまでの生き様を考えるとそう簡単にスレイに感化されちゃうと「何だかな…」なので、できればブレないでいて欲しいなぁと思ってます。今回は以上です。

それでいいのけ?~トミー上映会に向けて~

前記事のカケルくん上映会のアンケートでは、自分が投票していないものがトップの結果になったにも関わらず、見た瞬間「よっしゃあああ!」と心の中で盛大にガッツポーズを取っていました(笑)たまには最終回以外でしめるのもいいよね。と、思っていた矢先の、今度はトミー上映会のアンケート。

 

投票してきた時点での経過を見て、私たまげた。約半数ほどの皆さん、あのサスペンスっぽいED(19話)で上映会しめる気満々。いや、たまには最終回以外のシメも面白そうだけどさ!私も最初はそっちに気持ち揺れたし(笑)19話だよ!?正気か!?ちなみに今回ピックアップされている各話タイトルは以下でござい。

●3話 彼らの未来(トミーと初代トミーが初対面する話し)
●17話 僕は君のアイドルだから(トミーと初代トミーがドラマ共演する話し)
●19話 渡り鳥コップSP〜水辺の警察学校番外編〜
 (第17話で撮影していたドラマ本編と、その放映を楽屋で見る新生5人)
●26話 HOLLY STAGE FOR YOU(最初から最後までライブの回)

トミーのお誕生日だし、トミーは少年ハリウッド大大大好きだし(=ライブ回はずせない)初代のトミー先輩との関わり方の変化というか経過というか、それらいろ~んなものを踏まえて個人的に投票したのが3、17、26話というチョイス。そこに19話が入るイメージは浮かばなかった(笑)みんなすげぇなイメージ力よぉ…orz

19話って半ばギャグみたいなものかも。もうコレどこからツッコんだらいいの(笑)みたいな、ED含めて。とか言ってる自分自身、19話の細かい部分までは思い出せなくてモヤモヤしてきて(笑)あーもー19話見たくてしょうがなくなっちゃったじゃないかああ!で、これからBD引っ張り出すトコです。

きっと見た後でまた思うだろうな、これでシメるの!?って(笑)
でもそんな、ささやかな破天荒さも「少年ハリウッド」だと思ってます。もう上映会、コレでいいんじゃないかな!アンケート結果、楽しみにしています。

究極の選択~カケルくん上映会に向けて~

久しぶりに、少年ハリウッドFCのツイッターを見に行きました。
そして、いきなり究極の選択を迫られました↓

 

しばらく頭を抱えたあと私も1票投じてきました。ファースト・インプレッションでは上から3番目(まさかの最終回抜きパターン)だったんだけど、結局は別のものに1票しました。そしたら投じた時点で「上から3番目」がトップに躍り出てるじゃないかー!ファースト・インプレ信じておけば良かったバカーン!orz

ちなみに上記に挙げられている話数、振り返ってみましょうか。
●2話 嘘が輝く時(いつか一般の人と線を引いてしまうかもね、的な話)
●16話 本物の握手(劇場外の街中でファンとの握手会の話)
●21話 神は自らの言葉で語るのか(センター交代直後の話)
●26話 HOLLY STAGE FOR YOU(最初から終わりまでライブの回)

この4つの中から3つをチョイス=1つ涙を呑んであきらめろ、という選択を突き付けられたのですよ。大事なことなのでもう1度言います。どれも大画面で見たい(カケルくん推しにとってはきっと)はずしたくない話数ばかりを持ってきて、1つ涙を呑んであきらめろという選択肢。そりゃあ悩むですしおすし…orz

マッキー上映会の同様のアンケートには参加できませんでした。ツイッター見に行った時にはアンケート期間が終わっててさorz でもいいの、カケル氏のだけでも1票入れられて良かった。次のトミーのアンケートもレッツゴー!してきます。

Q/で、肝心の各上映会当日、私は行くの?行かないの?
A/そんなのは愚問だ!というわけで行ってきます。18時台開演、マジになれば結構平気で行けちゃうもんだね(笑)

#15(第16話)をいろいろ綴る

TOZXの#15(第16話)「それぞれの哲学」感想です。
ところが感想も何も前回にひき続き、同じ理由でEDにいろいろ持っていかれたような気がしています(笑)今回でED視聴は2回目。初見ではあんな雄叫びをしたけど、2回目なら先週の衝撃も少しは和らいで見ることができるかな?と思いましたが、

なんか、やっぱり無理でした…orz

まぁ、もともと少年漫画苦手だしね!それ風に演出されたらそりゃあ無理だよね!
でも前回より少しだけ「ちょっとはいいかな?」と思える気持ちも沸いたから「噛めば噛むほど…」のごとく、良く見られる時がいつか来るといいな。

あと、今回はストーリー本編でちょっと衝撃だったのが、
「人と天族が共に暮らせる世界を夢見ていたけど、現実は人間同士ですら争いが絶えない。もし、争いを無くそうと考えたら………」
スレイ氏、その先は言わなかったけど言わずもがな、ですよね。

別のシーンで「それじゃ俺がバカみたいじゃないか~」なんて言ってたけど、いえいえアンタ充分賢いです。「理想を夢見ると同時に足元も見られる奴」なんですから。でも上記の、その先を口にしなかった言葉(発想)は、当然行き着く発想だけどゾッとしましたよ。RPGの主人公でもその発想はできちゃうか~、みたいな。

スレイ氏がそんな事を実際に出来るわけがないですが(彼の性格を考えれば)、やろうと思えば出来ない事もない能力を持っているだけに、ちょっと今後の展開、それ以外のいろんな事もそうだけど油断ならないです。1視聴者としてはそこがストーリーを見る上での面白みなんですけどね(笑)

ではまた来週。………毎週感想書いちゃって恒例になりつつあるけど、気分次第だから確実に「また来週」になるかわからないけど、とりあえず、また来週。