読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少ハリFCに入った私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

#22で「1番輝いていたで賞」を贈りたいあの人

テイルズオブゼスティリア

たぶん、多くのアリーシャ好きさん達にとっての今回の燃えポイントは「あそこ」だと思うんですよ。私も同様だったんですが、その後の超絶ハッスル☆ルナールさんと、ラストのサイモンさん、お二人にいろんなもんフッ飛ばされて、

あ、え?うぇ、えぇえええぁぁああぇぇぇ!!?
(ルナールさんには少し笑いを含んだ感じで↑)

な~んて心の中で言葉にならないモンを叫んでしまいました#22です。しかもこの、本当にハタから見たら報われてんだか何なんだか、視聴者側でさえ「割とおまえの事はどうでもええ(スレイたちの方が気になる)」という状況だろうに、でもきっと本人達にとってはこの上なく幸せな状況下で最期?を迎えたんだろな、と。

「俺だって何かのために何かしたいんだよ!」

特にルナールさんのあのハッスル☆はもう「だwかwらwおまえ一体何なんだよwww」とツッコミ入れつつ、本当に子安さんお疲れ様です楽しそう?で何よりどすえ。


主人公チームと違って特に目標もなければ、野心とか、要するに「自分を心から突き動かすほどの強い願望や欲望もない」「だからとりあえず目先にある楽しそうな事を」「でもそうしていてもなんだか満たされない」おそらくそんな状態だったんだろうルナールさんが、最期の最期で「これは!」と思えた時だったんだろな。

どこぞの漫画にあるような「燃え尽きたぜ…」で目を閉じたとしてもさ?満たされた、自分で最高だと思える瞬間にサヨナラできたって、すごく幸せな事だと思ったのね。ラストのサイモンさんも同じく。あーでもサイモンさんはAAEでのアリーシャとの例のシーンをアニメでも見たかったから、それはちょっと切ないわぁ。

………と思った今宵でした。全然関係ないけど、相変わらずドラゴンの描写おどろおどろしく迫力あって、すごかったね…。サイモンさんの瞳も綺麗でした…では。

しのさんが悪循環ターンに陥った原因です

おんな城主直虎

しのさんがあそこまで、自分の回りで起こる一挙手一投足すべて悪く捉えるようになったのはさ、しのさんの気持ちを理解してくれる人(話しに耳を傾けてくれる人、心を許して話せる人など)が誰もいなかったからじゃないのかな。だから、何でもかんでも悪く捉えてしまうほど、思い詰めちゃったんじゃないのかな。

ハタから見たら「うわぁ、この人めんどくさい近寄らないでおこう(←今回のしのさんのような)」状態の人の、根本の原因って実はけっこう単純で。よき理解者が誰か一人でもそばにいてくれたらこんな風にはならなかったかもね。そういう事例、今回のしのさんじゃなくても、現実でもそこらじゅうにゴロゴロしてるよね。


………な~んて事を思いながら見ていて、終盤で次郎様が直親を激おこ!するシーンになって初めて気がついた→「あぁ!そーだ!おまえだよぉ!本来しのさんのそばでよき理解者になり得るはずだったのは直親あぁぁぁぁ!!」………前回に引き続き、人の心がわからない継続中で「ダメだこいつ感」満載だったからWASURETETA!

もうさ?序盤のどじょうが食卓に上がるシーンから「あぁ、今のしのさんにソレ言っちゃアカン…」って、見てるこっちがなぜかハラハラ気味で「うわぁ、うわぁ…」と思っちゃうほど………直親が不正解を続出してんだもんorz 何が大正解ピンポン!かもわからないけど、とにかく不正解しつづけてるのは伝わった(笑)


からの(途中いろいろ経て)アノ深いため息でしょう。そら次郎様も目を丸くして激おこ!しますって。まぁ、直親の性格を考えれば「理解しがたい言動を取り続ける女→めんどくせぇ女→深いため息」だったんだろうけどさ?子作りの半分は自分にも原因あるだろうに、その自覚もなく、あの状況のしのの前で聞えよがしにため息って、もう人としておかしいよレベルじゃね?次郎様、激おこ!ありがとう…。

せめてもの救いは、直親の素直さのおかげで今回の話数、良い雰囲気で終了した事。いやぁドラマって本当にいいですね(←某水〇さん風に)。いやよくねーお!先週から「おのれ直親」言ってたせいで、政次さんと次郎様のお茶目なやりとり忘れかけたわ!やっぱりおのれ直親ぁ!あぁ~めでたやめでたや!(←第5話の瀬名さま風)

それでは次回は………楽しみにするにはチト辛いかもしれぬ、桶狭間の回ですよ。それでも待ちわびる次週です。では、おやすみなさい…。

いるいる!直親みたいな奴…

おんな城主直虎

以前、鶴(政次)を気にしながらこのドラマを見てる的なことを書きましたが、そんな私は亀(直親)を「胡散臭い野郎だな…」と感じながら見てもいます。います、がしかし!今日はその胡散臭さがいつにも増して放たれてましたね。それはもう、見ているこちらが呆れるくらいに(イラッ☆)

「貴方(直親)と、しの、二人で山ひとつ向こうの里で暮らしなさい。目と鼻の先に次郎(おとわ)がいる今の状態では、しのが辛い。男女の仲ではなくとも貴方と次郎の間には深い絆がある」

「私がしのに辛い思いをさせているなど、決してあり得ません」
「次郎様との間柄はかねてよりのもの、今さら責められるような事では…」
(セリフうる覚えだけど、だいたいこんな感じの会話)

だぁかぁらぁぁぁぁぁ!そういう事(緑字)じゃねぇんだよおぉ!こいつ本当にバカじゃないの!?直親の主観がどうの、という話しじゃなくてぇ!現状で、現実に、辛い思いをしている人間が(しのだけじゃないけどな)いて、原因の一端を直親が図らずも担ってしまっている、そういう認識をなんで持てないかなぁ!?


………ふぅ。上記はほんの一例ですけどね。それまでの話数でも、そこはかとな~く感じてはいましたよ、他の「直親うさん臭い…」派?の視聴者様方同様。だからこその上記の憤りですよ。ぷんすこ。政次直親から「おまえの決断に従う」と言われ「決断を俺に委ねおった/わからん!わからんが無性に腹が立つ」もすごく解るorz
(弟くん、あの時はフォローありがとう…)

続きを読む

2017年の誕生日~ず。

少年ハリウッド

発券して参りました。マッキーカケルトミーの誕生日上映会。写真↓だと見切れちゃってるけどマッキー(甘木生馬)上映会は2017年4月8日(土)、他二人と同じく18時45分から池袋HUMAXシネマズにて開演です(詳しくはこちら)。

f:id:micanen:20170218201306j:plain

…このあいだ20話久しぶりに見たばかりでさ。マッキー上映会は20話→26話の流れでしょ?なんか、その流れを想像しただけで、ちょっと胸に迫ってくるんだよね。
てな感じで、発券してから少し落ち着いたためでしょうか。キャー楽しみワクワク!というより、心穏やかに来たる日を楽しみにしている今宵です。

続きを読む

第2弾はエンブレムペンライトめざせ千本!

少年ハリウッド 少年ハリウッド×Makuake

少ハリ関連でネサフしてみたら「2月のファンミーティングってファンミと言うより株主総会じゃね?」みたいな呟き見つけて、つい声を出して笑ってしまった私です。
いよいよ発表されましたね「少ハリ×Makuake」の第2弾。作中で登場したエンブレムペンライト、目標達成したら現実に作ってもらえる事になりました。

www.makuake.com
発表されてから数日たちます。1本、2本、5本、どのコースにするかポチするまでだいぶ悩みましたが(余裕があったら悩まず5本コースだったorz)、いまのところはとりあえず1本コース。「14日までに支援すればホワイトデーにお返し画像もらえるよコース」でポチッとな。1本でも値は張るけどな!


悩んでる最中、第1弾の時のこと思い返してました。期間中、後半あたりからリターンが追加されていったけど懐が厳しくて(第1弾の序盤で大きい支援をしてしまったため)結局、他にも欲しいリターンあったけど苦渋の決断で諦めた…という苦い思い出。特に脚本集とか脚本集とか脚本集とか(笑)

たぶんまた追加リターンあるだろうから、それまで懐を温めておこうという「温存作戦」で行きたいと思っています、この第2弾は。………けど本当にもう、コレ始まってから金と愛情を天秤にかける日々(笑)迷わず支援するのがファンだろう!とか言われそうだけどさ?自分の生活が成り立たなければ、その支援すらできないし。

続きを読む