好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

今日もぼんやりオレンジ色。

気がついたら3月上旬からブログ更新していませんでした、こんばんちわっす。
特に書きたいような事もなく、というより私生活で少しバタついていて、たまに気まぐれにツイッタにちょこっと綴る、ぐらいの日々。

テイフェスが近いためでしょうか、前に現地行った時の私の記事が検索に載るのか、この時期だけやたらアクセス数がブッ飛びます(当ブログ比)。はじめの頃は慣れない現象にビクビクしたけど(笑)今ではこの時期のマイ風物詩という感じ。前に書いたものだけど、これから参加する人達のお役に立てれば幸いです。


あとは、とりあえず他に書くことと言えば↓ですかね。
少年ハリウッド応援隊結成!クリスマスライブ上映応援プロジェクト

2018年2月のイベント後の記事で「今回は支援しないだろうな~」と綴っていて、でもリターン次第ではやっぱり支援しちゃうかもな、とも思っていて、今もそういう気持ちはあるのだけど、結局リターン追加を経た今でも支援しておりません。なんか、そうしたいと思えるほどの熱がなくなっちゃって…(遠い目)

第1弾であんなに支援した勢いはどこに…!?w

去年末にいろいろキレたおかげで憑き物が落ちたのでしょうか。いやいや、まだ完全ではないけども、少ハリ5人の事は未だに(最盛期ほどではないにしろ)好きな事には変わりないし。ただ、何と言えばいいのでしょうか、「彼本人の事は大好きだけど彼のご実家は苦手」という方々のソレと、似た気持ちといいますか。

あ、少し前になりますが第1弾のときの生原稿届きました。なんや著作権がどうの、という事でここではお見せできませんが、届いて封を開けて、恐る恐る線画の隅の方を指で触れたら、黒鉛?の跡がついたので「うおおおおっ!まちがいなくナナナ生原稿じゃあああ!」と興奮したのは、いい思い出です(笑)


以上、近況報告でした。
また何かあったら綴ろうと思いますので、それではまた~!

少ハリのグラフアートにすべり込んできた。

池袋P'PARCO内にオープンしたばかりのグラフアートショップ、早速ですが3月某日行ってきました。私のお目当てはもちろん少年ハリウッド

f:id:micanen:20180304015332j:plain

少年ハリウッドとグラフアートのコラボグッズが結構かわいくて、何か1コは欲しいなぁと思っていました。ちなみに「グラフアート(GraffArt)」とは…

==========
Graffiti(落書き)とartを掛け合わせた新しいキャラクターグッズのデザイン。
カフェやレストランなどでよく見かける看板に描かれたおしゃれなチョークアート風のデザイン。
『GraffArtシリーズ』ではそんな落書きタッチで描かれたデザインをキャラクターグッズのデザインに取り入れたA3オリジナルシリーズです。
==========
(グラフアートショップ P'PARCO特設サイトより抜粋)


少ハリコラボもてっきり通販やるのだと思い込み、気楽に構えていたら、ショップのオープン初日で早くも少ハリグッズの1つ、よりにもよって狙っていたパスケース(キャラパス)が売り切れるというツイートが舞い込み、これはマズイと焦った私は、運よく日を開けずに休日が取れたため早速ショップへGO!


前日にツイッターで「明日再入荷予定です」との情報も見ており、さらに念のため「明日の何時頃に入る予定ですか?」と電話までかけて確認。
絶 対 逃 さ な い …!
と半ばハンターの心構えで(笑)開店同時入店めざして行ってきました。

続きを読む

少年ハリウッド第26話完全版の完成披露へ!その5

最後は、公演最後の新情報告知コーナーの時のことを。
もう発表された内容は知れ渡ってると思うのでここでは省きますが、このとき一番記憶に残っているのはクラウドファンディング」という言葉が出た瞬間、会場からザワザワ、どよどよ、などの人の声が一斉に消えたことでした。昼も夜も。


ホールに響いていたBGMでもごまかせないほど綺麗に、人の声だけフッと消えた瞬間はちょっとおもしろくもあったけど(笑)声を失った瞬間、観覧に来ていた人達それぞれの胸にはどんな思いが湧いていたのでしょうか。ちなみに私は「またクラファンかよ…orz」という絶望にも似た気持ちが湧きました。

昼の部はまだ頭が追い付かなくて、とりあえず周りに合わせて拍手しちゃったけど、夜の部は前記事のうるさグループのおかげで少し冷静になれたため、もう拍手すらできませんでした。発表されてる間も、これからの事を考えると(将来のために貯金したいのにまた阻まれるのか……と)ずっと陰鬱な気持ちでいっぱいでした。

そんな気持ちでいたので、みんなで唄う「NOEL STORY」もふと気がついたら終わっていました。この間の記憶があんまり、というか全然ありません(笑)

続きを読む