読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きに気ままにオレンジ色

少年ハリウッドが好きになった私の、それを主にそれ以外の事も綴っていく日常

祝☆目標飛び越え1千万円達成おめでとう!

2017年5月15日、少年ハリウッドクラウドファンディング第2弾
「LIVE GOODSが時空の向こうからやってくる」
当初の目標だった783万円を前回と同じく上回り、1065万円達成でフィニッシュ致しました。少ハリ、本当に本当におめでとう~!!!

www.makuake.com


個人的には今回の支援で、ペンライト5本持ち決定致しました(笑)
さぁ~どうしようかなコレ!イベントの時に両手で5本持ちなんて物理的に無~理~!やるつもりないけど~!1つは実際に使用する用、2つめは予備、3つめ以降は………今後少ハリファンになる人へフリマで売ろうかな?なんて思ってまふ。

アニメ登場とそっくりなアイテムで超喜んでるなんて、子供の頃に魔法少女モノのステッキのおもちゃ買ってもらって、喜んで遊んでた時と感覚似てるな(笑)
ちなみに今回の締め切り寸前のあらましは以下のとおり。


●5日前 今夏発売予定だった推しTシャツを追加リターンとして先行販売
(ちょっと今回無理なんじゃね?臭が漂っていた)

●2~3日前 目標額の70~80%を小刻みに上昇
(ちょっと今回は達成無理なんじゃね?臭が現実味を帯びまくりんぐ)

●前日 急激な追い上げで締め時刻の約24時間前(16時台)に目標金額達成
●当日 前日以上の追い上げスピードで締め時刻18時に1000万突破で終了


………ハタから見れば成功☆御の字!だろうけど、経緯を知っていると楽観視してはいけない少ハリの現状というか、何というか。まぁ、前回は新規本編映像を作るのが目標(ファンならほとんどの人が支援しそう)だったけど、今回はグッズ商品化が目標(※↓)だから、欲しいと思わない人には響かない企画だったんかもね。

※正確には、グッズ商品化と兼ねて新規映像制作のプラス資金募集も含む

でも、この第2弾のおかげで7月23日のイベントへの熱がさらに高まっております。せっかくだからこのイベントも、より多くの人に見てもらえるよう当日券も出したらいいんじゃないかな?………あ、いや、7月のイベントはあくまで制作報告であって完成披露ではないから、当日券はやめといた方がええな。うん。


で。上記ペンライト以外にも支援したコース、個人的に複数ありまして。あの達成結果136%のうち1%は確実に私である!と断言できるくらいには、出してるorz ペンライト5本、脚本集が計3冊、Tシャツ3枚、ブロマイド5枚、イベント追加席………ザッと思い出せるだけでこんぐらい。

余談だけど、ちょっと良かったと思ったことは、前回の第1弾で脚本集をあきらめたこと。その分(計85000円)をこの第2弾へ回せたのは本当に良かった。あの時の私のあきらめ、全然無駄じゃなかったよぉ~(涙)


でも本来は、ひとりで高額支援することだけが「善」ではなくて、ひとり少額の支援でも目標達成できるぐらいファン人数はいる方がいいんです。今回の締め切りギリギリの経緯を見ていて心底、そう感じました。

だから世の皆様~!少年ハリウッド、1度でいいから2~3話目まで見て~!

好き嫌い分かれるキャラデザみたいなこと言われてるけど、キャラデザ&総作監の方の原画(線画)だけで言えば、綺麗とさわやかがマッチしたいい絵柄だよ~!
(個人的に少ハリに落ちたのはこの方のジャケ絵がきっかけ)

それでは今日も一日、今後も免れぬだろう少ハリへの散財のため(笑)節約生活がんばります。あ~7月のイベント、あとリターンの品が届くの楽しみじゃ~!!

かにぱんバースデー2017

少年ハリウッドのトミーこと富井大樹くんの誕生日祝い!前記事の上映会イベントに続いて、個人的にもプチですがパーリィしました。トミー誕生日おめでとう!

f:id:micanen:20170509223108j:plain

…って、ただの食事じゃねーか!全然バースデーっぽくねーわ!
とりあえずバースデーっぽくペンライト黄色に灯したので許してちょ。
ちなみに↑のかにぱんは、トミーの好きな「わにぱん」がこちらの世界にはないので、その代用です。今回はパンに合うメニューで全体を考えていきました。

余談だけど、本編中どこかの話数でカケル氏がわにぱんを「焼いて食べるとおいしいよね」と言っていたのを思い出し、2コ入りのうち1コをトースターで焼いて食べたら、うまかったです。ごめんよトミー「僕はそのままの方が好き」言うてたのに。
それでは以下より作ったもの紹介していきまふ。

続きを読む

天使っぷりを再確認した上映会

毎度おなじみ「少年ハリウッド」のバースデー上映会!
だけど今回のトミーで(たぶん)最後かも?バースデー上映会!

というわけで2017年5月5日開催、
HOLLY THEATER元気な男の子が生まれました上映会 in 池袋HUMAXシネマズ
に行ってきました。運気上昇担当、富井大樹くんの誕生日上映会です。彼のお当番回3話、17話、19話&26話を上映。良かったアバロン(19話ED)でしめなくて(笑)


f:id:micanen:20170506080350j:plain

余談だけど↑のBDジャケ写(ホワイトver.)いつ見てもトミーのが1番好き。さわやかな感じで。ブラックver.のトミーのジャケ写も、妖艶さが少~しあるけど基本的にはニコやかで、不思議な魅力で。あちらも好き。
それでは思い出せる範囲で上映中のアレコレを↓


● 中の人による注意喚起アナウンスが、妙に女性声に近い感じで始まる(笑)
● 「座席を蹴ったり、乗ったり~」を読み上げたあと「まぁ、そんなことしないですよね」と素な感じでアドリブ入れる中の人
● 「フューちゃん、夜空さん、いつもありがとう!」のトミー声が愛おしい件
● 上映中や上映前後、方々から聞こえてくる「(トミー)可愛い」の声
● ↑のため声援おくるシーンでも客席からの「トミー!」の声がなんか熱い
● 一方、画面に写り出した瞬間からクスクスされているお笑い担当・甘木
● ていうかもう何かリアクションするたびに笑い起きてた気がする・甘木
● 「俺もばあちゃんの見舞いが」と悪気なくトミーの前で言うカケル氏天然
● 19話内予告の「スタチャに消されそうなゲンゲンさん」に客席笑う
● 19話から唐突に26話へ進むシュールさ、少ハリらしいなとオモイマシタ
● 26話内サプライズ映像時の客席反応のわざとらしさがレベルMAX飽和状態
● トミーの日だけど他メンへの声援も負けてない(全推し勢も結構いたと思う)
● 上映終了後も(名残り惜しむように)響く「トミー誕生日おめでとう!」の声

もう誕生日上映会も最後かと思うと、言わずにはいられない個人的胸の内↓

● 26話「ハロー世界」冒頭で全員がバッと上を指さすあの一瞬が毎度たぎる
● 「君のいる場~所は~」の部分の一連の振り付けがいつも好き
● 「聞いてない聞いてない」という時のシュンのあどけない表情いつも好き


f:id:micanen:20170506083245j:plain

この日は物販で、とうとう公式グッズのブロマイドファイルも買ってしまいました。ファンになりたての頃に思っていたより所持数ふえそうなので。そしてこの日の限定ドリンク炭酸じゃなくて良かったー!(笑)オレンジジュースなのは彼らしかった。あと、ドリンク購入で付いて来る例のランダムステッカー、当たったのは

お守りにしてね でした。

するする~♪と自己紹介時の客席反応っぽく言ってみたところで、今回はこの辺で。次の記事では、個人的にトミーへのレッツ・パーリィ!しようと思います。

劇場版Free!~絆~見てきました。

んで、その入場者プレゼントとしてもらったイラストデザインコースターなんですが↓モロ紙製なのでとてもじゃないがコースターとして使えない(笑)キチンと「ミニ色紙」とおっしゃいよ!まぁ、もとより飲み物置くつもりはないけども。


f:id:micanen:20170504002607j:plain


だって凛ちゃんサンだもの。
私にとってダントツで推しだったキャラだもの。


凛ちゃんサン以外が当たったらフリマアプリ行きの予定だったけど(ドイヒー)これは売れませんわー、できませんわー、西屋さんの筆跡付き凛ちゃんサンだよぉ。
以前、他作品のグループに「”推し”という自分への型ハメ文化苦手」などと書きましたが訂正します。ダントツ1人推しのその気持ちすごくよくわかる。ごめん。

ちなみにこの入場者プレゼント、劇場公開第1週~4週まで週替わりでイラストのキャラが変わるそうで(参照)私が行った第2周目は凛&渚でした。偶然とはいえ、なんて良いときに行ったんだ私……え?推しがいるほど好きな作品なのに知らなかったのかって?はい、某少年ハリウッドのおかげですっかりご無沙汰してました。


それでは以下より、鑑賞後のあれこれを綴ります。

続きを読む

導師の旅路はゼスティリアを越え…てないね。

………やっぱり私、ゲーム版の方が好きだわ。うん。

今日、正確には4月30日やっとこさテイルズオブゼスティリアザクロス最終話、#25「伝承」を見ました。ちなみに今日行われた1期BD購入者限定イベントには行っておりません。あとでネット配信(購入者限定で)してくれるのでソレ待ち。

それでは最終回の感想を綴っていきますが、まず1番に感じたのは↑冒頭のとおり。
今回のアニメ版は、ストーリーはとてもよくまとめられていて、良く言えば完璧なんだけど、それゆえに胸に響いてくるものがゲーム版ほど無かった。
以下はそのゲーム版のネタバレも含めて綴ります、ご注意を。

続きを読む